カテゴリ:レーサー( 24 )
JCRC 第5戦 群馬CSC
7/15
群馬県みなかみ町の群馬サイクルスポーツセンターにてJCRC第5戦が開催されました。
JCRCシリーズは、競技者登録の有無を問わない言わば草レース。
学生から社会人まで様々な選手が出場する大会です。
今回は群馬CSCの自転車専用サーキット(1周6km)を使って脚力別クラス毎にレースが行われました。この大会にレーサー班からはBクラスとCクラスに5人が出場。

Bクラス(10周回 60km)
田中 裕樹 (42期), 唐子 征久(43期)
Cクラス(8周回 48km)
杉田 精司(41期), 澤田 隼(44期), 佐竹 剛季(46期)

澤田がC1クラスで優勝!同クラスで杉田が6位入賞しました。
2人で協力してアタックを繰り返した、チームでの勝利。澤田、おめでとう!
b0074992_2194467.jpg


Bクラスでは、唐子がゴール数百メートル手前まで先頭集団でレースをすすめ、
得意のゴールスプリントに持ち込みましたが、直前の選手の落車に巻き込まれ無念のリタイア。優勝への理想的な展開だっただけに、非常に惜しかったです。

次のJCRCシリーズは、同じ群馬CSCで10月21日に行われます。
17周回102kmで争われるレースにレーサー班も出場予定です。
ツーリング班やボール班でレースに興味のある方、一度レース会場にいらしてみませんか?
目の前を何十台もの自転車が走りぬける光景は、普段味わうことのない迫力ですよ。
みなさんの声援が力になります。興味のある方は気軽にレーサー班まで声をかけてください。

レースの写真をもっと見る。
[PR]
by charichuu | 2012-07-15 21:58 | レーサー | Comments(1)
ツールドおきなわ 2011
11月13日に沖縄本島北部地域で開催された国内最大級の市民レース、ツールドおきなわに今年も参加しました。
東工大レーサー班からは中村さん(40期)、杉田(41期)、唐子(43期)、澤田(44期)、今年度一緒に練習しているM2の中村俊介さんの5人で市民140kmの部に出場。11月とは思えない陽気の中、熱い戦いに挑んできました。

140km部門は20名弱の先頭集団による集団スプリントによって勝負が決しました。
中村さん、俊介さんの両名がこの最終局面まで先頭集団に残り、スプリント!!
入賞まであと一歩のところまで迫りました!!
b0074992_1626255.jpg
ゴールスプリントの様子。右奥に俊介さん(No.552)
(写真はシクロワイアードより http://www.cyclowired.jp)

b0074992_16424930.jpg
ゴール後、名護漁港にて。先着の4人で。


<レース結果>
順位/プレートNo./選手名/タイム/トップ差/平均速度
9位 No.552 中村 俊介 4:08:08 +00:00 33.84km/h
11位 No.306 中村 章彦 4:08:08 +00:00 33.84km/h
24位 No.444 澤田 隼 4:11:52 +03:44 33.34km/h
28位 No.327 杉田 精司 4:14:55 +06:47 32.95km/h
158位 No.443 唐子 征久 4:59:31 +51:23 28.04km/h
リザルト(PDF)
レーサー班HPのレースレポートも合わせてご覧下さい。

レースの様子はコチラ
[PR]
by charichuu | 2011-11-19 17:26 | レーサー | Comments(0)
JCRC第7戦 in 日本CSC
8月21日(日)、伊豆修善寺の日本サイクルスポーツセンター5kmサーキットコースにてJCRC第7戦が開催されました。

学生レーサーにとって一番の大舞台「インカレ」の2週間前とあって多くの学連選手が調整レースとして出場。レーサー班からも5人が出走しました。

Bクラス 8周回 40km 唐子征久(43期)
Cクラス 6周回 30km 杉田精司(41期),田中裕樹(42期),中村俊介
Dクラス 5周回 25km 澤田隼(44期)


C,Dクラスのスタート時刻は朝7:40。
生憎の天気で空は暗い、伊豆の山中は濃い霧に包まれていた。
レース開始のころにはポツポツと雨が降り始め路面は若干ウェットに。下り坂での落車に警戒です。
b0074992_13682.jpg
↑Cクラススタート前。最前列でリラックスした表情の田中と杉田。

Cクラスのレースは我々を含め、首都大・駒沢大などの学生を中心に展開。登りで積極的にペースを上げ、3周目あたりには集団は11人に絞られました。
b0074992_1381384.jpg

時折小さな逃げが発生するものの、決定的なものはなく次々に集団に吸収されていきます。
そして、最終周回、長い登り坂で一人抜けだしたのは42期田中。
b0074992_138062.jpg
そのままゴールまで先頭を守り、見事優勝!!
最終周回、先頭集団からこぼれてしまった杉田はそのまま単独走、10位でフィニッシュ。
序盤の下りで集団につききれなかった俊介さんは追走グループの先頭12位でゴールしました。

また、同時出走のDクラスでは、序盤から44期澤田を含む3人の逃げが決まり、集団をぐんぐん引き離します。
b0074992_1391931.jpg

その後一人が脱落し、一騎打ちの格好に。最終周回下りで澤田が遅れましたが、ゴールまでの登りでのスプリント勝負を制して、優勝を飾りました!

10:00出走のBクラスには43期唐子が出走。
b0074992_13155120.jpg
序盤、順調に先頭集団でレースを進めていましたが、残念ながら中盤に集団からこぼれてしまい、4周DNFとなりました。


結果、C・Dの2クラスで東工大が表彰台の頂点に!
b0074992_13111918.jpg

b0074992_13114178.jpg

田中、澤田、優勝おめでとう!


次のレースは9月4日、長野県大町市で開催される大学対抗選手権(インカレ)です。
レーサー班からは杉田、田中、唐子、澤田の4人が出場。
ぜひ、応援・サポートをお願いします。


文責:41期杉田
[PR]
by charichuu | 2011-08-25 13:30 | レーサー | Comments(0)
JCRC第6戦@群馬CSC
7月17日(日) 群馬県水上町の群馬サイクル・スポーツ・センターにてJCRC第6戦が行われました。

出走は、中村章彦さんと、杉田さん・・そして今年度から、一緒に練習している中村俊介さんは初レースでした。
ちなみに、1年生の中村君も応援に来てくれたので、なんと中村が3人!(笑)

Sクラス 10周回60km 中村 章彦(40期)
Cクラス 7周回42km 杉田 精司(41期)、中村 俊介

JCRCは、脚力別にクラス分けされたレースで、初心者から上級者まで、競技者登録していない選手でもレースを楽しむことのできる大会です。

私、田中は自走で現地まで行って観戦してきました。
練習になると思い、山がちなコースを選んだら、思った以上に過酷でした。
でも、なんとか章彦さんのゴールには間に合った!

学生のレースに比べると、和気あいあいとした感がありましたが、勝負どころでは気迫溢れる戦いもあり、大いに盛り上がりました。
b0074992_2211357.jpg


b0074992_220538.jpg

章彦さんは、入賞には絡めなかったが、就活からの復帰戦にもかかわらず、猛者たちの集まるSクラスで堂々とした走り。


杉田さんは、Cクラスでの入賞を狙う。
b0074992_2241431.jpg

序盤のスローペースに余裕の表情の先輩。

杉田さんは最終周回の登りを6番手で通過!
先輩はスプリントも強力なので、上位入賞も狙える位置だったが・・・。
b0074992_220869.jpg

最後の最後で足が攣って無念。

俊介さんは、登りの得意な選手。
b0074992_2202935.jpg

序盤から、まさかのチェーン落ちで、一人で追走。
しかし、初レースでしっかり完走です。

レースに出ていた皆さんはお疲れ様でした。
CSCまで登るのは大変でしたが、本当に楽しませてもらいました。

文責 田中(42期)
[PR]
by charichuu | 2011-07-24 22:09 | レーサー | Comments(0)
全日本学生RCSオープン戦・菖蒲町クリテリウム大会
3/6
久喜市菖蒲町にて、学生ロードレースカップシリーズ(RCS)オープン戦が行われました。
この大会は、最終戦終了後の大会のため、トップ選手は出場しませんが、クラス3の選手にとっては、来年度のシード権をかけた昇格レースになっているので、重要な大会です。

競技形式は、1周3㎞の周回コースを10周する、クリテリウム方式で行われました。

せっかくなので、クリテリウムの競技方法と見どころについて説明します。
クリテリウムは一般に1㎞~5㎞程の短い周回コースで行われます。
競技周回中には、いくつかのポイント周回が設定されていて、その周回を上位で通過した選手にポイントが与えられます。また、最終周回を上位でフィニッシュした選手には、より多くのポイントが加算されます。
最終的な、順位は獲得したポイントの合計によって決まります。

今回の大会では、1~9周目までの毎周回に1,2,3位で通過した選手にそれぞれ5,3,2ポイントが与えられ、フィニッシュでは上位10名の選手に15,12,10,8,6,5,4,3,2,1ポイントが与えられます。

クリテリウムでは、ポイント周回ごとにスピード感溢れるスプリント(加速勝負)が繰り広げられます。また、選手によっては、果敢に集団から抜け出して、先行逃げ切りを狙うこともあるでしょう。
同じコースを何周もする競技形式なので、各選手・各大学の熱い攻防を間近で何度も見ることができます。観戦には、うってつけの競技です。

出場選手
クラス1+2
杉田精司(41期) 田中裕樹(42期) 澤田 隼(44期)

クラス3
唐子征久(43期) 武井亮太(43期)

b0074992_20183078.jpg

1周目の終盤は、東工大が先頭をコントロールし、杉田さんが1周目を1位で通過!
5ポイントを獲得し、幸先の良いスタートでした。(クラス1+2)

b0074992_2022116.jpg

先月、神宮で昇格を決め、上位クラス昇格後初めてのレースとなった澤田は、スタートにミスがあり、持ち前のスピードを発揮できず・・
次回に期待!(クラス1+2)


b0074992_20262757.jpg

b0074992_20283387.jpg

中盤から終盤にかけて、唐子が着実に中間ポイントを獲得していきます。(クラス3)


b0074992_20302517.jpg

ホームストレートで、前に出るが、なかなかポイントにつながらない・・(クラス1+2)


b0074992_203241100.jpg

7周目には、武井の働きで、唐子・武井の1位・2位で周回通過!
唐子が、積算ポイントで有利な状況になった。(クラス3)


b0074992_20352358.jpg

クラス1+2では、終盤に有力選手を含んだ逃げが発生!
東工大も追撃に加わり、9周目に何とか吸収した。(クラス1+2)

杉田さんは、5ポイントを獲得していたが、残念ながら終盤に落車して集団から遅れてしまった・・


b0074992_20424385.jpg

中間ポイントには絡めなかった田中だが、フィニッシュでは5着に食い込む。(クラス1+2)


b0074992_20391066.jpg

唐子はフィニッシュでも3位と健闘し、昇格を確実にした。


b0074992_20463251.jpg

クラス3で、27ポイントを獲得した、唐子は2位入賞!
この大会で、クラス2への昇格を決め、来年度の全国大会への出場権を獲得しました。
おめでとう!!

b0074992_20512140.jpg

実は・・田中(筆者)も、8位に滑り込んで、入賞しました。

興味がある方は、是非、レーサー版のホームページのレースレポートも読んでみてください。

この大会で、今年度の学生ロードレースカップシリーズのレースは全て終わりました。
しかし、4月からはまた、新しいシーズンが始まります。

今シーズンの経験を活かして、来シーズンは更に活躍できるように、東工大チームは日々練習を続けていきます!
これからも、応援よろしくお願いします!

文責:田中(42期)
[PR]
by charichuu | 2011-03-07 21:11 | レーサー | Comments(0)
全日本学生RCS最終戦・第五回明治神宮外苑大学クリテリウム
2/20
今年度のロードレースシリーズ最終戦が神宮外苑にて開催されました。
東工大からは、岩本・杉田・田中・武井・唐子・澤田の6人が出走。
ツーリング班から43期倉田が立哨役員として手伝いにきてくれました。
朝早くから、寒い中ありがとう!!
また、41期熊谷も応援にきてくれました。
クマはロードレースの魅力にすっかりはまってきたようです。

シリーズ最終戦ということもあり、全国から強豪校が集まる、このレース。
どのカテゴリーもハイレベルで白熱した戦いが繰り広げられました!!
また、都心開催ということもあり、ギャラリーが多くとても盛り上がった大会でした。


澤田がクラス3で3位入賞!!
クラス2に昇格し、来期のインカレ出場権を手にしました!!
b0074992_116048.jpg


レースの様子[クラス2] 左に杉田、右に田中。
b0074992_0572151.jpg



少しでもロードレースに興味のある方、応援・サポートにいらしてみませんか?
レーサー班一同お待ちしてます!!
b0074992_142982.jpg



文責:41期 杉田
写真:40期 中村さん

写真追加しました。
[PR]
by charichuu | 2011-02-21 01:17 | レーサー | Comments(0)
全日本学生RCS第8戦 菖蒲町クリテリウム12月ラウンド
埼玉県久喜市菖蒲町で毎年12月から3月まで4ヶ月連続で開催されるクリテリウム。
その初戦が12月19日に行われ、クラス1+2に田中(42期)、クラス3に唐子(43期),澤田(44期)が出走。選手のサポートに行ってきたので、レースの様子を紹介します。

レースは田んぼの中をまわる1周3kmのコースを10周回。
毎周回S/Fラインで上位に付与されるスプリントポイントの合計点で勝敗を競うポイントレース形式。今回のレースでは1-9周目は1-3着にそれぞれ5,3,2点、最終周回の10周目は1-10着にそれぞれ15,12,10,8,6,5,4,3,2,1点が与えられます。

b0074992_6224725.jpg
2周回目でポイント獲得の唐子(クラス3A)

b0074992_6243096.jpg
ゴール前スプリントに積極的にからむ澤田(クラス3B)

b0074992_6254071.jpg
先頭集団追走グループで走る田中(クラス1+2)


レースの結果、周回ポイントを積極的にとりにいった澤田が6位入賞しました!!
(2着1回、3着1回、最終周回7着の合計9点)
b0074992_633137.jpg
表彰式の様子
b0074992_6334334.jpg
良い笑顔です。入賞おめでとう!!


次回は1月9日に同じ菖蒲町の会場でRCS第9戦クリテリウム1月ラウンドが開催されます。
また、2月20には都心の神宮外苑で全日本学生RCS最終戦 明治神宮外苑大学クリテリウムが開催されます。
数少ない都内開催のレースですので、ぜひぜひ会場に足を運び我々レーサー班の活動をご覧いただけたらと思います。普段中々目にすることのない自転車のスピード、迫力を体験できると思いますよ。


文責,写真: 41期 杉田
[PR]
by charichuu | 2011-01-01 06:41 | レーサー | Comments(0)
ツール・ド・おきなわ
11/14(日)、国内最大規模の市民レース、ツール・ド・おきなわに参加してきました。
レース部門、サイクリング部門などのべ4000人以上が参加した巨大イベント。
沿道にはたくさんの地元の方々が太鼓を手に応援にでていて、とても雰囲気の良い大会でした。
せっかくなのでこちらで紹介したいと思います。

今回は40期中村さん、41期杉田で市民140kmクラスに出場しました。
210kmクラスに次ぐ長距離レースで、山岳横断が2回設定されるコース
沖縄の北部地域、やんばるの自然の中で戦いは繰り広げられます。


140kmクラスには319名が出走、そのうち完走は186名。
中村さんは終盤まで先頭集団でレースを展開し、15位。
杉田は序盤の山岳横断で先頭集団から千切れ、61位。
走行距離143km、獲得標高2200mの過酷なレースでした。

b0074992_2343180.jpg
先頭集団で走る中村さん。表情にも余裕が感じられます。

b0074992_23551875.jpg
やんばるの大自然を満喫!!…する余裕はありません。必死で前を追う杉田。

b0074992_2345314.jpg
まさかのスコール!!それでもレースは続きます。依然先頭集団の中村さん。

b0074992_024036.jpg
きれいな海を横目に…みる余裕はありません。一人は辛い、、、

せっかく沖縄までいったのに、満足のいく結果が得られず悔しさ、虚しさばかりが残るレースでした。
しかし、街中が自転車で盛り上がり、一つになる。というのを肌で感じ、体験できたのは非常に良い経験になりました。
ツール・ド・おきなわに限らず、各地で様々なサイクリングイベントが開催されています。
部のランだけでなく、こういったイベントにみなさんも参加してみてはいかがでしょうか。
自転車の新しい一面に出会えるかもしれません。

文責:杉田
[PR]
by charichuu | 2010-11-20 00:31 | レーサー | Comments(0)
アートスポーツ杯100Km in群馬CSC兼JCRC第9戦
10月17日に群馬CSCで行われた、100kmオーバーのレースです。
1周6kmのコースを17周し、勝敗を競い合いました。

怪我してたりしたので今回ワタクシ武井はサポート&キャメラマンとして参加。
ちなみにボクは去年は完走してます。レースをサボったわけじゃないんだからね!

レースに参加したのは中村さん、杉田さん、田中さん、唐子、澤田の5名。
中村さんはクラスS、杉田さん、田中さん、唐子、澤田はクラスCでの出走でした。
また、東工大のトライアスロン部も同じレースに参加してました。負けていられないですね。

b0074992_21112778.jpg

出走を待つ杉田さん達。唐子と田中さんもおります。


中村さんの参加したSクラスは4名の逃げ集団が先行し、それを1分半ほど遅れて集団が追いかける形に。中村さんは集団中央あたりで走っていました。

b0074992_2117560.jpg

力走する中村さん。
「アタックしたんだけど、うまく決まらなかった」そうです。逃げるのは中々に難しいのです!


田中さん達4人が参加したCクラスのレースはときどきアタックがかかるものの、いまいち決まりきらずにズルズルと進行していく感じ。

b0074992_2124446.jpg

杉田さん。ナント足が攣りながら走っていたとか。表情からも苦しさが伝わってきます…!


b0074992_21311947.jpg

澤田ははじめのうちにちぎれてしまい、単独で走っていました。
結局12周走ったところで下ろされてしまいました。次は完走だ!


Sクラスは逃げ集団がタイム差を一時2分以上まで離し、そのまま逃げ切り。中村さんは集団の中でゴール。


Cクラスは途中田中さんら4人ほどのアタックが決まり、逃げ集団を形成。

b0074992_21401638.jpg

逃げる田中さん。オレンジは伊達じゃない…!


ラスト2周というところで、知り合いの明星大学の選手が単独で飛び出し、そのまま逃げ切って優勝。鮮やかなアタックでした!
田中さんはその次に来た集団内でゴールスプリント勝負へ…。

…が!ここでッ!アクシデントが…発生ッ…!

ゴール直前で「ガシャーン」という音が聞こえ、併せて周りのギャラリーの「アァー!」という声も聞こえた。どうもゴール前で落車が発生したらしい。

…そしてゴールした選手の中に田中さんがいない。

まさか…?

そう、そのまさかで田中さんは落車に巻き込まれており、入賞を逃してしまった…。
途中積極的に動いていただけあって、非常に惜しかったです。

唐子は田中さんのいた集団から少しだけ遅れてゴール。結果的に田中さんより先にゴールすることとなりました。
続いて杉田さんもゴール。ゴール後すぐに地面に倒れてしまうほど大変だったようです。
トライアスロン部の方々は、なんとBクラスで5位と6位入賞!強いですね!

みんなかなりアグレッシブに走っていただけに、勝利に結びつかなかったのは残念です。
今回のレースを糧に更なるレヴェルアップをしていきましよう!

体力だけではなく、戦略性も勝敗に大きく関係するのがロードレースの魅力です。
興味を持った方がいましたら、ぜひレースを見に来て下さい!待ってます!

文責:武井
[PR]
by charichuu | 2010-10-19 22:17 | レーサー | Comments(0)
全日本学生RCS第5戦・山形村ヒルクライムラウンド 
長野県山形村で学連第5戦のレースが開催されました。
サポートで行ってきたので、レースの様子を紹介します。

今回はヒルクライムレース。清水高原観光道路を走る距離6.5km,標高差507mのコースを3回登った合計タイムで競われました。ラスト1km区間は最大斜度24%の正に激坂!!この区間が勝負の分かれ目になりました。
東工大からはクラス2に42期田中,クラス3に43期武井,44期澤田が出場。
学生選手に加えてMTBの日本代表選手や実業団レースで活躍するトップクライマーも出場していました。
また、クラス2で田中が4位と健闘しました。

レースの様子の記事がcyclowired.jpに出ていました。
パヴェの激坂と蕎麦を味わえるヒルクライム 東大・西園が完全優勝


b0074992_18383458.jpg
路面には“ゲキザカ”のペイント。正に激坂です。

b0074992_18392381.jpg
先頭集団で激坂区間を登る田中。(オレンジの自転車)

b0074992_18401413.jpg
表情から坂のすごさが伝わってきます。<信州ふぉとふぉと館さんより>

b0074992_18411553.jpg
ラスト1kmに突入の武井。(正面からの写真がなくてごめんね)

b0074992_18432899.jpg
学連初レースの澤田。下ハンで力強く登って行きます。<信州ふぉとふぉと館さんより>

今回は自分は出場せず出場選手のサポートという形でレースに臨みました。
行き帰りの運転、レース中の飲料等の補給や、代輪の準備などレースにはサポートが欠かせません。
また、キツイ坂での応援の声は確実に選手の力になります。
この活動報告を通してロードレースの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。
ツーリングやボールのみなさんも是非一度レース会場に応援に来てみて下さい。
レーサー班一同お待ちしております!!

文責:杉田
写真:杉田,信州ふぉとふぉと館さん
[PR]
by charichuu | 2010-09-12 18:31 | レーサー | Comments(0)