カテゴリ:ツーリング( 176 )
ゆるふわ しらびそ秋合宿 初編
研究室っていうのはなぁ
b0074992_11215289.jpg


口開くとすぐ昔話、つい先輩風吹かしてしまう
b0074992_11233824.jpg


修士にもなればチャリもガタついてくる
b0074992_11242625.jpg


勿論カラダも
b0074992_1125019.jpg


そんなボロボロ修士と超現役のツーリング
b0074992_11253167.jpg


この度は若い衆に大変お世話になりました
たまには修士(老害)から、こんな活動報告はいかがでしょうか??






































b0074992_11255089.jpg

まだまだ若い奴にはゆずらねぇけどな!!

楽しい楽しい昔話へ
[PR]
by charichuu | 2015-10-15 11:42 | ツーリング | Comments(0)
ゆるふわ しらびそ秋合宿 中編
2日目後半と、3日目は大塚が担当します。
b0074992_22573531.jpg



つづきだよ!
[PR]
by charichuu | 2015-10-15 09:52 | ツーリング | Comments(0)
ゆるふわ しらびそ秋合宿 後編
ゆるふわ しらびそ合宿 後編

b0074992_143011.jpg

一人、


b0074992_1442383.jpg

また一人、


b0074992_1832378.jpg

そしてまた一人、


b0074992_185575.jpg

それぞれの道で、


b0074992_1871836.jpg


b0074992_1843734.jpg

僕らはそのとき、確かにそこに集まったのだった。

↓最後まで付き合う↓
[PR]
by charichuu | 2015-10-15 01:45 | ツーリング | Comments(0)
迎夏ラン 2015
昨年度は行われなかったため、48、49期にとっては初、47期~にとっては二年ぶりの迎夏ランです!今年は奥多摩湖へ行ってきました。


男子は奥多摩駅→奥多摩湖→(檜原街道)→武蔵五日市駅のルートを、女子は奥多摩駅→奥多摩湖→奥多摩駅→武蔵五日市駅のルートを走りました。


当日は天気が心配されましたが無事予定通り活動を開始することができました。

b0074992_11293245.jpg

前日に飲んでたらしく眠そうな長尾さん

b0074992_11221150.jpg

破れたタイヤをガムテープで修理する猛者がいました。すごいですね。笑


そんなこんなでいざ出発!
b0074992_1122326.jpg

曇りだったので暑すぎず寒すぎず気持ちよく走れました。


奥多摩湖に到着したら(ここで藤生さん、村井さん、岸野さん合流)、全員で集合写真をぱちり。湖が綺麗でしたね。
b0074992_11263586.jpg



休憩を終えてそろそろ出発というところで雨。次第に強くなり土砂降りの中、坂を上ることに…
7月なのに寒すぎて吐く息が白くなってました。


上りのあとは少し下ってまた休憩。雨の中の下りはほんとに怖いですよね。温かいものを食べて残りも頑張ります。
b0074992_11415773.jpg



無事、全員ゴールの武蔵五日市駅まで戻ってきました!
大きな事故なく終われたので良かったです。


文責:井川
写真:藤生さん、和田さん

~おまけ~

b0074992_1149679.jpg

駅に大きな忘れ物がありました。みなさんも忘れ物には気を付けましょう。笑
(その後すぐにH高さんのものと判明、心優しい長尾さんが代わりに持ち帰ってくれました)
[PR]
by charichuu | 2015-10-10 11:54 | ツーリング | Comments(0)
NUCCの乗鞍ラン
こんにちは.9/28,29にNUCC(名大サイクリング部)さんに引っ付いて乗鞍へ行きました.勿論うちのチャリ部からの参加は僕だけですが,部長に許可を頂いたので活動報告させていただきます.
b0074992_1283990.jpg


メンバー:NUCC(4年生4人,2年生5人),東工大48期東澤
ルート  :1日目 藪原駅→境峠(県26)→白樺峠(スーパー林道)→宿(美鈴荘)
      2日目 宿→(エコーライン)→乗鞍→剣ヶ峰(登山)→(スカイライン)→平湯峠→平湯温泉(NUCCは高山へ)

続きはこちら
[PR]
by charichuu | 2015-10-02 18:38 | ツーリング | Comments(0)
スイカラン 2015
昨年までの横須賀ランから名称の変わった、スイカラン2015の活動報告です!

今年は、三浦海岸駅からスタートし、三浦半島を班ごとにツーリングする形式になりました。
ツーリング後は砂浜に集合し、恒例のスイカ割りです!

b0074992_15524349.jpg


集合時刻前。続々と部員が集まってきました。ちなみにこの部長の班、スイカ割りに遅刻しました。1時間も


b0074992_15541043.jpg


各班ごとに行先を決め、出発!今回は城ケ島に行った班が多いようでした。

b0074992_15551494.jpg

きれいな青空ですね。

b0074992_1555269.jpg

b0074992_155541.jpg

海って美しいですよね(笑)

b0074992_15565872.jpg

一方、横須賀方面に向かい、
b0074992_15572394.jpg

カレーを食べに行った班も。

その間幹事は、昼食をとり、スイカ割りの準備をしました。


b0074992_15583380.jpg

幹事で記念撮影(兼、全体写真用リモコン撮影の練習)

b0074992_15592722.jpg

三浦海岸の駅前で昼食。写真は筆者の食べたマグロ丼。
三浦半島はマグロで有名ですが、とても美味しかったです。大胆に乗せられたマグロの切り身が、ご飯とともに口の中に広がって大変素晴らしかったです。これが食べられたので、それだけでこの日は幸せな気分になりました

そして午後になり、各班が続々と海岸に集合。
b0074992_164194.jpg

しかし部長は集合時刻から1時間遅れる

その後はフルーツポンチを振る舞いながら、毎年恒例のスイカ割りをしました。

b0074992_1624350.jpg

回って、
b0074992_1624024.jpg

割って、
b0074992_1624581.jpg

そして海へ。
今年も数人、大自然の中へと放り込まれていきました。
(※写真が全部違う人に見えるのは気のせいです。)
ちなみに、今年はちゃんとスイカ割り用に木の丸棒をホームセンターで購入しました(詳しくは一昨年の活動報告を…)。
 
b0074992_1624753.jpg

最後に集合写真を撮影。ちなみに、先ほど述べたように、ここで使うためにリモコン撮影の練習をしたのですが、赤外線が届かずリモコン撮影が不可能に…
結局通常のセルフタイマーにしました。

これで今年のスイカランは無事に終了しました。今年は準備期間も少なく、例年通りの場所になってしまいましたが、来年はまたどこか模索できると良いかもしれませんね。

文責 48期 小林
写真 48期 小林・相澤・成瀬・東澤
[PR]
by charichuu | 2015-06-14 10:00 | ツーリング | Comments(0)
NewZealand Touring 2015

春休みにニュージーランドツーリング行ってきました!

b0074992_16445786.jpg

左から、和田 細貝 山下(別の班) 藤生
超過料金を恐れて輪行袋使用 意外と何とかなる

b0074992_16472153.jpg

クライストチャーチ空港到着

b0074992_16481457.jpg

クイーンズタウン名物ファーグバーガー

b0074992_1649950.jpg

スカイダイブ 空飛びました

b0074992_1650127.jpg

トレッキングで絶景

b0074992_16505444.jpg

北海道みたいな道
左側交通で走りやすい

b0074992_16515753.jpg

羊注意の看板

b0074992_16523285.jpg

最南端行ったり

b0074992_1653430.jpg

牛の横走ったり

b0074992_1653449.jpg

カレー(成功)食ったり

b0074992_16543047.jpg

カレー(失敗?)食ったり

b0074992_1655212.jpg

ミルフォードトラック

b0074992_16554630.jpg

絶景

b0074992_165695.jpg

ミルフォードサウンドでふて寝

b0074992_1657247.jpg

名峰、マウントクック

b0074992_16575329.jpg

湖畔でお昼寝

b0074992_1658147.jpg

江尾、山下と再会

b0074992_16590100.jpg

お酒飲むよ

b0074992_171340.jpg

アイス食うよ

b0074992_1712885.jpg

外人と仲良くなったり

b0074992_173116.jpg

クライストチャーチに戻ってきた

b0074992_1745517.jpg

到着


3/8 成田国際空港ー広州国際白雲空港
3/9 広州国際白雲空港ーAuckland空港ーChristchurch空港
3/10 Christchurch空港‥Queenstown
3/11・12 Queenstown
3/13 Queenstown~Lumsden (109km)
3/14 Lumsden~Bluff~Invercargill (140km)
3/15 Invercargill~Tuatapere (88km)
3/16 Tuatapere~Te Anau (101km)
3/17 Te Anau~Milford Sound (125km)
3/18 Milford Sound‥Queenstown
3/19 Queenstown‥Mount Cook
3/20 Mount Cook~Lake Tekapo (107km)
3/21 Lake Tekapo~Geraldine (88km)
3/22 Geraldine~Rakaia (85km)
3/23 Rakaia~Christshurch (58km)
3/24 Christshurch
3/25 Christshurch~Christshurch空港ーAuckland空港 (15km)
3/26 Auckland空港ー広州国際白雲空港ー成田国際空港

計916km
[PR]
by charichuu | 2015-04-26 17:09 | ツーリング | Comments(0)
紅葉ラン2014
今年の紅葉ランは高尾、相模湖周辺で紅葉を見ながらツーリングを行いました。
例年の紅葉ランでは紅葉が見れないと有名でしたが、今年は丁度紅葉の時季と重なり「今年は紅葉が見れるかも!」と期待が高まります。

女子部員は10時、男子部員は10時半にJR高尾駅に集合します。
b0074992_22565872.jpg
女子は集合が早くて助かります。(男子は30分以上遅刻した人がいるとか・・・?笑)


高尾駅から大垂水峠を越えて相模湖公園を目指してもらいます。
峠とは言っても標高差は250mほどなので数多もの峠を乗り越えてきた部員達はらくらくと登っていったようです。


頂上で景色を見たり
b0074992_23045551.jpg
写真を撮ったり
b0074992_23060725.jpg


そして相模湖公園に次々と部員がやって来ます。
b0074992_23095180.jpg
あれっ!?おかしいな・・・??
b0074992_23100656.jpg
部長が乗ってるのはママチャ・・・リ?
どうやら自転車が壊れてしまったためランに参加するためにママチャリで来たようです。そこまでしてランに参加するとは部長の鑑ですね。

相模湖周辺はそれなりに紅葉していたようです。
b0074992_23304034.jpg
b0074992_22442761.jpg
b0074992_22452596.jpg

相模湖公園で集合写真を撮った後は、相模湖一周のスタートです。相模湖一周とは言っても思いっきり山の中を走ります。
大垂水峠のゆるゆるさから相模湖一周も楽勝だろうと思っていた人が多かったでしょう。実は相模湖一周の方が辛いんです。アップダウンがきついんです。獲得標高はこっちの方が高いんです。こんなルート考えたの誰だよ。
ごめんなさい僕でした。


b0074992_22573530.jpg
くねくねした山の中の道を走っていきます。

b0074992_22594957.jpg
途中のお店でちょっと休憩したり
b0074992_23002809.jpg
その後相模湖一周を終えて流れ解散、大垂水峠を再び超えた
b0074992_23141712.jpg
り、橋本の方へ自走して帰る猛者もいました。


という訳で心配していた大きな事故もなく無事にランを終えられました。
こんなルートで紅葉も見れなかったらどうしよう、と心配していたのですが、今年は紅葉も見ることができてほっとしています。
来年はもっときれいな紅葉が見れるといいですね。



文責:47期岸野
写真:村井さん、西村、古市

[PR]
by charichuu | 2014-11-17 23:20 | ツーリング | Comments(0)
秋の栗駒ツーリング~自走編~

先日活動報告にあがった
島田さん企画のゆるふわ(笑)合宿‥‥


たくさんの笑いとたくさんの涙、そしてたくさんの恨み(笑)でできたあのネタ合宿にはもう一つの物語があった‥






~Attack to Sendai by Shimada & Fujio~



b0074992_10311319.jpg

朝4時 東工大正門



まずなぜこんなアホ企画が生まれたかの経緯について書こうと思う

そもそも栗駒合宿は岩手の一関集合
当初の予定では
金曜の終電で黒磯へ そのまま駅近泊

土曜始発で黒磯出発

土曜の昼一関到着
であった

自分は11月のエンデューロに出るし足鍛えとかなきゃと思ってたので
黒磯までの自走を考えていた
しかし温泉の関係でそれも断念
大人しく輪行するか~と思っていた



が…



合宿数日前‥

島「黒磯早めにつけば温泉入れるっしょ!行こうぜ!」
藤「お!まじすか!行きましょう!(よっしゃ!一緒に行ってくれる人がいた!)」
島「ちなみにそこまでお得にはならないけど…」
藤「まあ全然いいっすよ(よーし、黒磯か~がんばろ~)」

島「うーん、仙台行く?」

藤「え?(ナニイッテンノ???)」

島「たったの360キロやで」

藤「むむ…京都より近いしわんちゃんあるか………行きますか!」


※1 このあと島田さんが一旦冷静になってやめようとしましたがそこは割愛
※2 言いだしっぺのどあほうはどっちか これ重要です


なんで黒磯からいきなり仙台までワープしたのか わけがわからない
老害様の頭の中を見てみたいものだ




はいそんなわけで仙台アタック決定
距離にして360キロ
獲得標高1300とか1400ほど
9月行った京都よりも全然楽そうに思えるが今回は
10キロほどのおもり(荷物)付き


これがどれほどの脅威になるのか2人は知る由もなかった


10月10日

4時40分 東工大出発

5時20分 日本橋到着

b0074992_1184650.jpg



ここからは国道4号線 東北の八戸くらいまで続いている道である

東京、埼玉を軽く抜け栃木に入るころには周りは田園地帯 若干の追い風
33km/hを目安に回しつづけ

10時過ぎには宇都宮の東側まで到着 130キロくらい

「宇都宮近いな!ゆるふわじゃん!」
「そっすね!宇都宮で公式ランやっても全然自走でいけちゃいますね!」

とかいう冗談を言いつつ少し冷静になる

島「あの、さ、、足きついんだけど笑 京都の時とかどのくらいで走ってた?」
藤「ここに来るまでのペース、車のない深夜帯の時と同じくらいっすね つらいっす」
島「で、ですよね~苦笑」

さすがに後々のことを考え29、30km/hくらいで回すことに決定
天気は幸か不幸か超快晴
景色は気持ちいいが体力はかなり削られた

そしてここで島田さんにピークが訪れる
島田さんと言えばどんな無茶ぶりにも対応してくれ、ボケにも突っ込んでくれるすばらしい老害様であるが
この時ばかりは
島「頼む 引いて」
の一言からしばらく静かになった

ペースおかしいもんね
自分の方が長距離に関しては走れるかな~とか思ったりした
(後々裏切られるがそれは後半で)

地味に登り続けスタートから180キロ地点
12時半 黒磯のガストにて昼飯休憩

ここで島田さんもほぼほぼ回復
いざ後半戦へ!

b0074992_11352327.jpg





国道4号は登りに関しては一つだけ難所がある
全体的に栃木入ったくらいから福島への県境まで地味に登り続ける
ルートラボ的にはラストの登りがちょいきついかな~とか思っていたが実際は

アップダウンしまくりで少しづつ標高あげるやつ

であった
要するにだるい

島田さんはきつさを紛らわすためか
「俺らが登っているんじゃない、逆に坂が下がっているんだ」
とかわけのわからないことを言っていた
自分も合わせて「下がってる~~」と叫びながら登ったが実際にきつさは全然変わらない笑


14時半 195キロ!福島突入!

b0074992_11515411.jpg



ペースは順調!このまま行けるか~と思ったらパンクしちゃいました…
時間との闘いの時は自転車の整備は完璧にしましょうね


このあとは福島市内までひたすら悪走路
パンクに怯えつつ進む
ひたすら進む


島田さんが悪い顔しても進む
b0074992_11585971.jpg




20時 290キロ地点 福島市内の丸亀製麺で晩飯

b0074992_1205463.jpg



21時45分 310キロ地点 宮城県突入

b0074992_122381.jpg



寒さに震えつつ無理矢理体を動かし漕ぐ
漕がなきゃ進まないけど
漕げば必ず進む
少しづつゆっくりと…

24時半 仙台まで残り10キロ ここで藤生限界が来る
漕いでも漕いでも20km/hしか出ない
ほんとにつらかった
でも後ろにいる1年生をがんばって引いた
引くしかないと思った
島田さんきつそうだったもん
引くのは後輩の仕事だ、と


そして仙台駅前近く
車も少ないストレート500メートルくらい


いや、悪い予感はしてたんですよね
こうなる気はしてたんですよ
でもまあここまで一緒にがんばって来たし一緒にゴールするだろう
さすがの老害さまもここは空気を読むだろう、と








島「いやっふううういくぜえええええいいいい」
藤「マジカヨ(゚д゚)」






はい
そんなわけで僕が考えていた感動的なゴールは
老害様の横暴によりぶっ壊されました泣
序盤にへばってヨロヨロだったはずなのに‥なんでやねん
恐るべし老害



25時30分 仙台駅

b0074992_12204512.jpg



総距離361km
全行程 20時間50分
実走時間 14時間30分
Ave 25km/h




この後は島田さんの友達の家に押しかけ若干の睡眠をとり
それからあの秋のゆるふわ(笑)栗駒ツーリングへと向かったのでした




~~~仙台アタックを終えて~~~

京都に引き続き仙台への耐久ランを行ったわけですが
このランまじでおすすめしません笑
合宿終わった後2週間くらいアキレス健痛いままで小走りすらもつらい
道自体は一部トラックが多い区間を除いて広く走りやすいので
ロングライドするにはおすすめです もちろん荷物なしで
いろいろきつかったですが地図を見て
自転車でこれだけの距離を進んだと分かった時の達成感はめちゃめちゃたまらないです
おそらく今後もロングライド企画はちょいちょいやってくので
興味をもった部員の方々是非藤生まで^^


文責 46期藤生
[PR]
by charichuu | 2014-11-03 12:49 | ツーリング | Comments(0)
秋の栗駒ツーリング
工大祭の連休で、宮城・秋田にツーリング行ってきました!
b0074992_1635394.jpg


参加者
43期:近藤さん
44期:島田さん
45期:草苅さん、明庭さん、鈴木まやさん
46期:石川、大塚、藤生
48期:山田



今回のランは、もうすぐ海外へ行かれてしまうチャリ部の大御所、43期デキ近さんと紅葉を見ながら走るべく、44期島田さんによって企画、ルート作成されたランであり、参加者は皆一様に、「ゆるふわラン」と島田さんに聞かされて参加していた。。。。

初日は、(全自走してきた二人の暇人かつバカを除き)全員輪行で一関駅に集合した。仙台から内陸に鈍行で90分くらいのとこです。輪行解除ののち昼食や買い出しを済ませ、走り出したのは14時過ぎw

そして、そこから待ち受けるは 45km 1100mUP (ずーっと登り、最後の方ほど斜度キツイ) !!!!!!
この出発時間とルートの数値をみて、46期以上の男子は思い当たる節がありませんか??




そう、これは完全に暗黒の金精峠ナイトヒルクライムの再来だったのだ。

・・・・正直に言うと、僕は出発前にこのルートと、予想される出発時間から、あの悪夢の再来になる危険性はすでに予期していた。。。しかし、テキパキ出発すれば何とかなるだろうと思ったし、なにより、2つも上の先輩のつくったコースにケチをつけるなんて、謙虚な僕には到底できなかった。。。最終日のルートにはケチつけて根本的に変更させたなんて秘密だぞ★

それでも予想してた出発時刻を大幅にオーバーして出発。。。さすがに焦ってそこそこのペースで引いていたが途中で休憩。
b0074992_17284089.jpg

ここのブルーベリースイ―ツがめっちゃうまくてみんなでのーんびり癒されていると、、、
草苅さん:「いま三時半。15km進んだけど200mくらいしかUPしてないよー」=「あと30km超、900mUP 日没まで二時間ない」

また焦って出発。ところで、ルートの途中に厳美峡という名所があったのだけど、この期に及んで寄り道してるとまたあの時のような深刻な事態になることは明白な状況。しかし、
島田さん:「厳美峡行きたい人ーー??だんごあっぞだんごーー」(老害)
藤生:「いえーーーーい!!!」(単純)
たけてる:「イイっすね!!!」(いいなり)
大塚:「うぽぽぽぉーーーい!!!!」(あほ)


ここで僕はこのおサルさんたちのある共通点に気付きました。
僕:(こいつら全員金精峠きてねぇ!!!!!!)
そこはさすがにウザがられながらも説き伏せてスルー。今思うとまじで正解。


さて、各々のペースで必死に登りはしましたが、ナイトヒルクライムは避けられませんでした。
b0074992_164195.jpg

最後尾と30分程度しか差がなかったのが幸いでしたね。そこはさすが走れる女子のお二方でした!
・・・・・とはいえ、
b0074992_16481962.jpg

そんな顔しても許しませんからね。
僕はラスト1時間の10kmくらいが完全に暗闇だったのですが、一緒に走っていただいたデキ近さんにちぎられたらガードレールの向こうの世界に旅立とうと思ったくらいメンへラになっていました(笑)

真っ暗闇の中で紅葉など見れるはずもなく、極寒の頂上で温泉に入ったのちそのままそこで自炊。
b0074992_18182819.jpg

やっぱこの人数で囲む食卓は疲れてても楽しい!!
b0074992_18263285.jpg

メニューは炊き込みご飯、肉団子スープ、肉野菜炒め。うまし!!

そんなこんなで寝たのは23時過ぎ。おやすみなさい。。。。。。。



そして、翌朝起きてテントの外に出てみると・・・・・・・・・・・・
b0074992_1841382.jpg

目の前が実はモロ紅葉してたーーーー!!!!!!!

朝食は足湯に浸かりながら!
b0074992_18532351.jpg


そして頂上に泊まっていたので下りからスタート!まずは県境を越えて秋田に突入!
b0074992_18594725.jpg

絶景を見ながら下ります!!!!!!!
b0074992_1915867.jpg


今日もバカみたいな斜度の道を登りますが、紅葉はなお美しい!
b0074992_19122895.jpg


そして川原毛地獄なる霊峰に到着。
b0074992_19144755.jpg
ルート作成者として、このころになってもなお昨日のナイトヒルクライムの文句を散々言われていた島田さん。
b0074992_1921450.jpg
ついにトチ狂ってしまったのか、何もない岩肌をかけ登ろうとした挙句失敗してずり落ちていく修士1年。

その後は何もなさすぎる山の中で一行の食糧危機を救ったのがこれです。
b0074992_19284835.jpg
稲庭うどん。フツーにめっちゃウマかった。そして昨日の戦犯が奢ってくださった(笑)

あとは若干の登りを経て再び宮城、鳴子温泉郷に到着。
b0074992_19353357.jpg
さすがに風呂の中の写真は無いけど、なかなかカオスな風呂だったw 桶がケロヨンで、味のあるおじいちゃまが何人か超絶長湯してる感じのトコですw フツーに良かったんだけどなんとなくあるあるではあるよね(笑)

そしてもちろんこの日も自炊!
b0074992_19405435.jpg
もつ入りキムチ鍋とデキ近さんの差し入れのカツオ!!さらにデキ近さんが毎晩差し入れてくださる日本酒がまぁウマいのなんのって。でもそのせいで俺の同期が、、、、
b0074992_19494556.jpg
(笑)




さて、ここまでは石川が書いてきましたが、僕は家がみんなより若干遠いこともあり翌朝早々に離脱したので、最終日の様子や任意のおまけリンクなどは46期の爆笑風雲児こと藤生の追記に任せます。


いやーーーホンっトにつらかったけど楽しかったです!!!これだけの代が集まれるのも珍しいですね!
一年生の若造、たけてるに走りで完敗し、走れて喋れる二刀流の石川さん(笑)を48期に見せつけることができなかったのは残念ですが、彼が先輩煽りを覚えたのは収穫といえましょうw

ありがとうございました!

ここまでの文責:46期石川 写真:近藤さん、島田さん、明庭さん、まやさん、藤生、大塚



はい!そんなわけでバトンタッチしました46期藤生です!
石川に引き続き島田さんのあくぎょ‥‥ご活躍を書いていきまーす!

ゆるふわ(笑)最終日へ
[PR]
by charichuu | 2014-10-29 20:20 | ツーリング | Comments(0)